HOME>特集>デザインを工夫して競合商品よりも目立つこと

競合商品と差別化を図る

スーパーへ足を運ぶと同じような内容の商品であっても、パッケージデザインによって商品の印象や訴えかけるインパクトが大きく異なることがわかります。商品の陳列棚ではすでに競争が繰り広げられていて、手にとってもらいやすい商品や消費者に訴えかけるようなデザイン作りに力を入れているのです。重要なポイントは、競合商品と差別化を図り、消費者が手にとって商品を購入してもらうことができるかにかかっているため、パッケージデザインを工夫して考案することは大変重要な要素であることがわかります。デザインに興味を持ってもらえるか否かにかかっています。

ブランディングの強化

ブランディングの強化はパッケージデザインと密接不可分です。パッケージのデザインを考える上で重要なポイントは、ターゲットとなる消費者に共感してもらえるかどうかが重要なポイントです。例えば、スーパーで売られている調味料を購入することが多いのは調理を担当する女性が主なターゲットとなるため、女性がつい手に取りたくなるようなパッケージデザインを考えることが重要です。また、他社にはない独自性を出すことで、数ある商品の陳列棚の中で目立ち、手にとって貰う機会を増やすことができるのです。

広告募集中